BAKE FIRST

パン作りに関する疑問やレシピ、お役立ち情報を掲載していきます。初心者も、ステップアップしたい方も必見!

【レシピ】水溶性食物繊維たっぷり!ナマケモノのオーツミルク食パン【オーツミルク100%】

最近TV CMで話題になっている「オーツミルク」。

海外では2018年あたりからすでに流行していたそうですが、3年遅れで日本でも健康効果が認められ人気が急上昇していますね。

乳糖不耐性でありながらも豆乳を飲むと気分が悪くなってしまう私は早速飲んでみたところ、とても飲みやすく体調を崩すこともなく体に合っていました!

そこで、単体で飲んでも美味しく、様々な健康効果が期待できるオーツミルクをたっぷり使った食パンのレシピを試作しました。

通常の食パンと同じ感覚で簡単に作れて、しかもオーツミルクの素朴な香りがするとても美味しい食パンが完成したので、レシピを公開致します!

乳製品不使用のため、乳アレルギーや乳糖不耐性の方でも安心して召し上がれます!

f:id:second_burnout:20210509174107j:image

 

オーツミルクの原料「オートミール」の健康効果

オートミールの健康効果に関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。

paopao-bakefirst.hateblo.jp

 簡潔にどんな効果があるか紹介すると、

  • ダイエット効果
  • 腸内環境改善
  • 美容効果
  • 血糖値安定化による自律神経負担軽減

こういった効果が期待できます。

~~材料はこちら~~

配合(1斤分)

材料 BP(%) 重量(g)
強力粉(カメリヤなど) 100 240 
上白糖 19.2 
食塩 2 4.8 
セミドライイースト 1.2  2.9 
オーツミルク 72 172.8 
ラード 14.4 
合計 190.2 456.48

 

~~レシピの意図と注意点~~

配合の意図

  • オーツミルクの風味を活かすために、バターは使わずラードを使用。
  • ラードはショートニングで代用可能ですが、ラードの方がナチュラルでヘルシーなイメージのためラードを採用。
  • 乳アレルギーの人でも食べられるように、スキムミルクも不使用。

工程の意図と注意点

  • 作り方に掲載している手順写真などは別の生地で撮影したものを使っていますが、手順は同一なので安心してください。
  • オーブンの焼成温度はお使いの機種や個体によって差が出ます。普段の焼き上がり加減を考慮して微調整してください。

~~作り方はこちら~~

ミキシング

手ごねで作る場合はこちらの動画をご参考ください。集合住宅でも安心してできる捏ね方をご紹介しています。(異なる生地ですが手順は同じです。)

ホームベーカリーで作る場合は、パン生地作りモードで1次発酵まで任せちゃってもOKです。

今回は手動操作でやる場合の手順をご紹介します。

  1. ラード以外の材料をケースに入れ、こねモードで15分ミキシング。
  2. 終了したらラードを加え、3分ほど休ませる。
  3. 再度こねモードで15分ミキシング。
  4. 終了したら生地を出して、丸めて表面を張らせる。

一次発酵・分割丸め・ベンチタイム

  1. 27℃ 60分の一次発酵。
  2. 生地を2等分に分割する。
  3. 表面を軽く張らせるように丸める。
  4. 20分のベンチタイムを取る。

生地玉丸めの方法はこちらの動画をご参考ください。

成型・二次発酵

f:id:second_burnout:20210501162857p:plain

  1. 手粉を程よく使って、軽く手のひらでガスを抜く。
  2. めん棒で縦に伸ばす。端に出来たガスだまりは軽くたたいて潰しておく。
  3. 生地を裏返す。
  4. 上1/3をたたんで軽く手のひらで押さえる。
  5. 下1/3も同様に行う。これで三つ折りになる。
  6. 90度方向転換して縦置きにする。まずは上1センチ程度を折り込んで芯を作る。表面がしっかりと張るようなイメージで。
  7. 同様に、表面にハリをもたせるイメージで巻いていく。ハリの強さは最初>最後のバランスを少し意識すると更にGood。
  8. 巻き終わり。
  9. 油を塗った型に詰める。
  10. 38℃ 50分の2次発酵。

写真のように、親指の関節をひっかけて、指先が生地に触れるくらいになったら焼成タイミング。もしオーブンの発酵機能を使う場合は、予熱中の待ち時間で生地が更に膨らんでくることを見越して早めに切り上げることが必要です。

f:id:second_burnout:20210502125839j:plain

焼成前加工・焼成

  1. オーブンは天板ごと220℃に予熱しておく。
  2. 生地の表面に薄膜の目立つ気泡がある場合は、予め竹串やハサミなどで潰しておく。
  3. 型に蓋をして、オーブンに入れる。190℃10分→210℃18分の合計28分焼成
  4. 焼きあがったら型ごと10㎝くらい上から落としてショックを与え、熱いうちにパンを出す。ケーキクーラーなどでしっかり冷ます。

 

まとめ

オーツミルクは一番身近なもので豆乳と近い味わいがありますが、豆乳は仕込み水をすべて置き換えて作ると生地の骨格が崩れやすくうまく作れないのですが、オーツミルクではそのような弊害がありませんでした。

なので、水の全量をオーツミルクに置き換えることで、その風味と栄養価を十分に引き出すことに成功しました。

素朴な風味ながらも、牛乳と同様のマイルドさがあります。

牛乳100%だと、乳糖不耐性や乳アレルギーの方は食べることができませんが、オーツミルクなら安心です。

ラードをショートニングなどに置き換えればヴィーガンでもOKです。

幅広い人に美味しく召し上がっていただけるパンですので、ぜひ作ってみてくださいね♪

 

 

byなおちゃん

 

↓↓↓もっと色々な材料を試したい、そんなときは製菓製パン専門通販店がおすすめです↓↓↓

 

プロも愛用!安心安全の材料と豊富な品揃えが自慢の【cotta】  

 

プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店【TOMIZ(富澤商店)】