BAKE FIRST

パン作りに関する疑問やレシピ、お役立ち情報を掲載していきます。初心者も、ステップアップしたい方も必見!

【レシピ】罪悪感ゼロ!天使のマリトッツォ【乳製品不使用】

いま流行りのマリトッツォ、美味しそうだし見た目もオシャレだから、作って写真をSNSにアップしてみたいな~とは思うんだけど、でも大量の生クリームを挟むのは抵抗ありませんか?

 

流石にあの量のクリーム挟むのはちょっと…トレーニング中の私はその思いがかなり強かったです(笑)

牛乳とゼラチンで作るホイップ牛乳は、代用品というよりはあくまで別物。乳製品に変わりないから、乳糖不耐性の人はお腹にも良くない。

 

なので、乳製品を一切使わず、なるべく罪悪感を感じないでたっぷりクリームを盛ることができる「天使のマリトッツォ」を作ってみました!

 

f:id:second_burnout:20210412164920j:image

 

目に着けたのは「豆乳ホイップクリーム」。

しかし、豆乳ホイップは緩くなってしまいやすいとのこと。今回はその欠点を解消したレシピとなっております。ゼラチンは不要です!

味わいもあっさりとしており、たっぷりのクリームでもしつこくないちょうどいいおいしさです♪

 

 

~~材料はこちら~~

パン生地配合(45g×5個分)

材料  BP(%)  重量(g) 
強力粉(カメリヤなど) 100 125 
食塩 2 2.5
インスタントドライイースト 1.2  1.5

てんさい糖(粉末タイプ)

8 10
全卵  15 18.75
水  50 62.5
こめ油 15 18.75
合計  191.2 239

 

【乳製品不使用】豆乳ホイップ配合(作りやすい分量)

材料 BP(%) 重量(g)
めいらく 豆乳ホイップ 100 200
ラニュー糖 10 20
レモン汁 2.5 5

 

 ※その他の材料

溶き卵(ツヤ出し用)…適量

お好きなジャム…適量

お好きなフルーツ…適量

粉糖(仕上げ用)…適量

 

今回の主役はこれ!

【冷蔵】乳製品を使っていない 豆乳入りホイップ200ml めいらく 

 

 

油脂はこめ油を使用。普段の料理や揚げ物などもこれに置き換えると毎日がヘルシー♪

ボーソー油脂 国産米ぬか使用 米油 1350g 

~~レシピの意図と注意点~~

配合の意図

  • 乳アレルギー、乳糖不耐性の人たちのために乳製品未使用
  • 極力罪悪感を減らすためパン生地の糖分量は減らし、 かつ低GI値のてんさい糖を使用
  • 体に良いこめ油を使うことで、罪悪感なく生地の保湿効果を得ると共に歯切れの良さも演出
  • 全卵を配合することで油と乳化し、より生地の保湿性とボリュームのアップに期待
  • 硬さが出にくい豆乳ホイップにレモン汁を加えることで、しっかりとツノが立つ硬いホイップを作る

工程の意図と注意点

  • パン生地に配合するこめ油の量がやや多いため、バターのようにミキシングの後半で加える方法はとてもやりづらいためおすすめしません。
  • 豆乳ホイップクリームは単体で舐めると通常の生クリームに比べて酸味を感じてしまいますが、パンと組み立てると全く気にならなくなります。
  • クリームの作成、フルーツのカットなどに使う器具は十分にアルコール消毒をしましょう。

    paopao-bakefirst.hateblo.jp

     

~~作り方はこちら~~

計量・下処理

  • てんさい糖は水に溶かしておく。粉末タイプでも粗い粒子が混在しているため。少量なら溶け残りがあっても問題ありません。ホイッパーで混ぜるとGood。
  • しっかり捏ねる生地なのでイーストは溶かさなくても大丈夫です。

ミキシング

ホームベーカリーで生地を作る場合は、材料をすべて投入してパン生地作りモードまたはこね・ねりモードなどでミキシングをスタートしてください。

  1. 材料すべてをボウルで混ぜる。
  2. 粉気がある程度なくなったらこね台の上で捏ね始める。
  3. 手のひらの付け根で体重をのせてズリっと生地を無理やり引きのばしては畳む。生地の中に空気を抱き込むようなイメージでやるとGood!
  4. 次第に生地の繋がりが良くなり、弾力もついてきます。
    そのまま同じ捏ね方でもOK、騒音が大丈夫ならこね台に叩きつける捏ね方をするとよりラクに早く生地を鍛えられます。
  5. 生地の伸びが良くなり、表面にハリツヤが出てきたらグルテンチェック。
    ピンポン玉程度の生地を手に取り、薄~く伸ばして指の指紋が透けるくらいになれば捏ねあがり。

一次発酵・分割・丸め

  1. 捏ねあがった生地を丸めて表面を張らせてボウルに入れる。
  2. 28℃くらいの環境で60分の一次発酵。(オーブン発酵機能なら30℃でOK)
  3. フィンガーチェックで発酵具合を見極める。発酵見極めに関してはこちら!

    paopao-bakefirst.hateblo.jp

  4. 1個45gに分割し、丸める。
  5.  20分のベンチタイムをとる。

成型・二次発酵

  1. 軽く手のひらで生地のガスを抜く。すこ~し手粉を使うといいでしょう。
  2. 丸めなおして天板に並べる。
  3. 真ん丸よりも高さを抑えたい場合は、5分ほど休ませた後に上から軽く押さえるといいでしょう。
  4. 38℃で40~50分の二次発酵。オーブンの発酵機能なら40℃で良いでしょう。

焼成前加工・焼成

  1. オーブンは事前に200℃で予熱しておく。
  2. 発酵室から生地を出して3分ほど表面を乾かす。
    こうすると溶き卵を塗りやすくなり、かつツヤも綺麗に出ます。
  3. ハケで溶き卵を塗る。
  4. 200℃ 10分の焼成
  5. ケーキクーラーなどの上で十分に冷ます。

仕上げ

豆乳ホイップクリーム仕立て
  1. めいらく 豆乳ホイップは冷蔵庫でよく冷やしておく。
  2. ボウルに豆乳ホイップクリームの材料をすべて入れ、ハンドミキサーで泡立てる。
  3. 元々あっさりとしたクリームのため、8分立てだと物足りないです。10分立てを目指す気持ちで、しっかりとしたツノが立つまで泡立てましょう。
組み立て
  1. 十分に冷ましたパンをパンナイフで斜めにカットする。完全に切り離してしまわないように注意。
  2. ジャムをカット面両方にお好みの量だけ塗る。
  3. 豆乳ホイップクリームをパレットナイフなどでたっぷり載せて、表面をならす。
  4.  お好きなカット方法でフルーツをカットする。
  5. ホイップクリーム表面にカットしたフルーツを埋め込む。
  6. 茶こしなどを使って表面に粉糖を振りかける。粉糖は見た目を一発でオシャレにするチートアイテムです♪

まとめ

このレシピは乳アレルギーの方や乳糖不耐性の方でも安心して召し上がっていただけますが、そうでない方にも体に優しい気遣いがいっぱい詰まっています!

普通のマリトッツォは2個も3個も食べれないけど、これならペロっといけちゃうかも!?

パン自体はとっても基本的で簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね♪

 

 

byなおちゃん

 

↓↓↓筆者が愛用する製菓製パンの材料・道具のネットショップです【現場でも使うことがあるほど優れたお店です】↓↓↓

 

プロも愛用!安心安全の材料と豊富な品揃えが自慢の【cotta】  

 

プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店【TOMIZ(富澤商店)】