BAKE FIRST

パン作りに関する疑問やレシピ、お役立ち情報を掲載していきます。初心者も、ステップアップしたい方も必見!

【レシピ】もちもち!米粉の小倉マリトッツォ【コメダ特製小倉あん使用】

コメダ特製小倉あん」が美味しすぎて、もっといろんな人にこの良さに気付いてもらいたい一心で、

 

コメダ特製小倉あん meets マリトッツォ

 

をコンセプトに、米粉の小倉マリトッツォを作ってみました!

 

f:id:second_burnout:20210412164759j:image

 

お米とあんこの組み合わせは、おはぎやお団子など多くの和菓子で実証済みなので、米粉パンとあんこの相性もGoodです!!

さらに、あんこと相性のいいホイップクリームを掛け合わせて、マリトッツォ風の菓子パンが出来上がりました。

 

パン自体は米粉の丸パンを焼いて、切って具材を挟むだけなので超簡単

 

パン作り初心者でもSNS映えするおしゃれなパンが出来てしまいます!あとは写真を撮る技術とキレイな盛り付けを頑張れば、私の写真よりもいいものが撮れるはずです。

(写真とるのも苦手だし、細かいデコレーションも苦手なのです。何故、食パンで飯を食ってきた根っからの食パンオタクなので)←言い訳

 

以下にレシピを紹介しますので、よかったら作ってみてくださいな♪

 

 

~~材料はこちら~~

配合(50g×5個分)

材料 BP(%) 重量(g)
波里 「お米の粉」 100 125
食塩 1 1.25
スキムミルク 3 3.75 
インスタントドライイースト 1.6 2
てんさい糖(粉末タイプ) 15 18.75 
全卵 10 12.5 
68 85 
こめ油 10 12.5 
合計 208.6 260.75

※その他の材料

溶き卵(ツヤ出し用)…適量

コメダ特製 小倉あん…適量

ホイップクリーム(お好きなもの)…適量

粉糖(仕上げ用)…適量

 

こちらが本レシピ主役の コメダ特製 小倉あんです。

 

 

今回は、手軽に米粉の成型パンを作ることができる、こちらの小麦グルテン配合ミックス粉を使用しました。

 

波里 お米の粉 手作りパンの強力粉 1kg×5袋 国産 小麦グルテン配合

 

※小麦グルテン入りなので、小麦アレルギーの方はお控えください。

 

~~レシピの意図と注意点~~

配合の意図

  • 米粉生地は窯伸びさせるのがかなり難しいため、全卵を配合することで窯伸びボリュームアップを計る。
  • こめ油をミキシングの最初から混ぜることで、米粉生地が硬くて捏ねが大変という点を和らげる。
  • こめ油を配合することでしっとり感を、全卵と合わせることで乳化し、パンの老化防止を期待する。
  • 米粉×こめ油のヘルシーイメージの増強。
  • 保湿力向上のためにやや多めの砂糖が必要だったので、てんさい糖を使用することで罪悪感を和らげる。

工程の意図と注意点

  • 米粉生地はミキシング直後が一番伸びが良く、工程を追うほどデリケートになってくるため、一次発酵は省略。
  • かなりコシがつきやすい生地の上、工程を追うごとにとてもデリケートになるため、無理な力を加えないこと。またベンチタイムと二次発酵は十分にとること。

 

~~作り方はこちら~~

計量・下処理

  • てんさい糖は水に溶かしておく。(メーカーによっては大き目の粒子が混在しているため。少しくらいなら残ってても問題ありません)f:id:second_burnout:20210413074037j:image
  • しっかりこねる生地なので、イーストは溶かさなくても十分生地に馴染みます。

ミキシング

  1. 材料すべてをボウルで混ぜる。
  2. 粉気がある程度なくなったらこね台の上で捏ね始める。
  3. 最初はとても柔らかく、まとまりのない生地ですが、諦めずに捏ねていくとグルテンが形成され、生地がまとまってきます
  4. 生地にコシがついてきます。まだ生地はちぎれやすいので引き続き捏ねます。 生地の中に空気を抱き込むイメージでやるとGood!
  5. 生地の伸びが良くなり、表面にハリツヤが出てきます。一度コシがついて硬くなった生地が、コシが落ち着いて柔らかくなるタイミングがあります
    そこまで頑張って捏ねてください!ここまででだいたい25分くらいです。
  6. グルテンチェックをします。ピンポン玉くらいの生地をとり、薄く伸ばして膜の状態を見てください。薄く指が透ける膜が出来ますが、粉の粒子が粗いため破れやすいです。

こね上げ温度目安…28℃

 

米粉パン生地の手ごねについてはこちらの動画を見て頂くとよりわかりやすいです!

※異なる配合の米粉生地を使用していますが、基本の手順と考え方は同じです。

 

分割・丸め

  1. 一次発酵はせず、そのまま分割に入ります。
  2. 1個50gに分割し丸めましょう。丸めすぎ注意!小麦粉生地以上にデリケートで、丸めすぎると必要以上にコシがついて、その後の工程で表面が破れやすくなるため必要最低限までに。
  3. 38℃で30分ベンチタイムをとります。(オーブン発酵機能なら35℃か40℃がいいでしょう)
  4. しっかり2倍程度まで膨らみコシが落ち着いたら次の工程へ。

成型・二次発酵

  1. 手のひらでかる~くガスを抜きます。(ここで強くつぶしてしまうとコシがつきすぎてしまいます)
  2. 丸めなおします。ここでも丸めすぎに注意!軽く丸めて、閉じきれなかったとじ目は指でつまんで閉じちゃいましょう。 
  3. 天板に並べて38℃40~50分二次発酵させます。ここで、もし真ん丸よりも高さを少し抑えたい場合は、10分休ませてから手で軽く上から押さえて残りの二次発酵を取りましょう。(理由は↓の記事を読めばわかるはず!)

paopao-bakefirst.hateblo.jp

 

焼成前加工・焼成

  1. オーブンは事前に200℃で予熱をしておく。
  2. パン生地表面にハケで溶き卵を塗る。f:id:second_burnout:20210413073844j:image
  3. 200℃10分の焼成。焼きあがったら天板を10㎝くらい上から台に落とすようにショックを与えて焼き縮みを予防する。
  4. ケーキクーラーなどの上で十分に冷ます。f:id:second_burnout:20210413073906j:image

仕上げ

  1. パンナイフで斜めにカットを入れる。完全には切り離さないよう注意。
  2. コメダ特製 小倉あんを切り口の下側に厚めに塗る。量はお好みでOK。なるべく表皮に近い部分ほど厚く盛るとGood。
  3. ホイップクリームをたっぷり載せる。パレットナイフやあんべらなどで表面を綺麗にならす。
  4. 茶こしを使って表面に粉糖を振りかける。これをやるだけで見た目レベルが一気に上がります♪

 

まとめ

一次発酵を省略しているため、パンそのものは2時間ちょっとで焼き上がります。前日に焼いて翌日以降に仕上げを行うと効率がいいかもしれませんね♪

成型もいたってシンプルなので、初心者にもオススメ!

この生地に限らずどうせ丸パンを作るのなら、ついでにマリトッツォに進化させちゃいましょう!SNS映え間違いなし!

 

以上、コメダ特製小倉あんを使用した もちもち!米粉の小倉マリトッツォのレシピ紹介でした!

 

 

byなおちゃん

 

↓↓↓筆者が愛用する製菓製パンの材料・道具のネットショップです【現場でも使うことがあるほど優れたお店です】↓↓↓

 

プロも愛用!安心安全の材料と豊富な品揃えが自慢の【cotta】  

 

プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店【TOMIZ(富澤商店)】