BAKE FIRST

パン作りに関する疑問やレシピ、お役立ち情報を掲載していきます。初心者も、ステップアップしたい方も必見!

こね台orマット?パンの成型や手ごねにオススメの道具紹介

生地を作るのはホームベーカリーやスタンドミキサーに任せている人でも、分割や成型で結局必要になってくるのがパンのこね台やマットなどの作業スペース。

今はいろいろなものが販売されていてどれがいいのかわからないと思われている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなこね台やマットなどそれぞれのメリット・デメリットを筆者の体験談を交えながらオススメの商品と、ちょっとした裏ワザをご紹介します!

 

 

こね台おすすめ商品リスト

cotta(コッタ)|オリジナルペストリーボード S

cotta(コッタ) | オリジナル ペストリーボード S 

この商品は私が長らく愛用していたペストリーボードです。

十分な重さと丈夫さで、分割丸めや成型はもちろん、手ごねパンにもオススメです!

メリット

  • 表面がツルツルで生地がこびりつきにくい
  • 目盛りがあるため生地伸しのサイズ確認に便利
  • 木製のため生地にやさしい

デメリット

  • 経年劣化で表面のコーティングがすり減ると生地がこびりつく
  • 同様の理由で目盛りが削れる
  • 滑り止めを別途用意する必要がある

こちらの商品の良い所はなんといっても木製であるというところですね。

プロの現場は基本的に巨大なオーブンのせいで冬でもそれなりに熱いのであまり気にならないのですが、ご家庭で作る場合には冬の生地の冷えは死活問題です。

大理石のこね台は冷たさが生地にダイレクトに伝わってしまうので、生地の温度が下がりすぎてしまい発酵にも影響を及ぼします。

その点、木製のこの商品ならその心配がないので、ある程度室温と生地温に気を付けていれば問題ありません。

ただし、裏面に滑り止めがついていないため、手ごねに使用する場合は下の画像のような滑り止めシートを別途用意することをおすすめします。

滑り止めシート200cm x 165cm 地震対策 抗菌・防カビ 吸音・自由カット

 

こねるのは全部ホームベーカリーやスタンドミキサーにお任せしているのであれば、濡れたタオルなどを下に挟む程度で十分でしょう。

また、生地がこびりつきにくい反面、私の個人的な感触だと逆に生地が滑ってしまってやりづらく感じることもありましたが、ステンレスの麺台での作業に慣れてしまっているせいだと思います。これは好みによるところですね。

 

cotta(コッタ)|オリジナルペストリーボード L

cotta(コッタ)|オリジナル ペストリーボード L

 

先ほどの商品のラージサイズです。

基本的なメリット・デメリットに追加して

メリット

  • クロワッサンなど大きく伸ばすものを作るときに便利
  • より重量があるため安定感がさらに上がる

デメリット

  • 大きいためご家庭では洗いにくい

このようなことが挙げられます。

特に、デメリットに関しては女性

がこの台を狭い洗い場で洗うのはとても大変かと思います。

なので、プロが現場のステンレス作業台を清掃するときにやる方法をおすすめします。そのやり方をご紹介します。

  1. ドレッジ(カード)で台にこびりついている生地や粉をある程度かき集めて捨てる。
  2. 霧吹きで台全体を水で濡らして、細かいこびりつきをふやかす。
  3. 再度ドレッジで台のこびりつきをかき集め、ボウルやトレイなどを受け皿にして集めた汚れと水を捨てる。
  4. ふきんで台全体をよく拭き上げる。
  5. 食品用アルコールスプレーを台全体に吹きかけ消毒する。

 

アルコム社|まーぶるめん台【レギュラーザイズ】

アルコム社|まーぶるめん台【レギュラーサイズ】

こちらは大理石タイプのペストリーボードです。

最近パンのこね台としてはかなり人気のある商品ですね、私のイチオシでもあります。

メリット

  • 十分な重さがあるため手ごねに最適
  • 最初から滑り止めがついているため台が安定する
  • 目盛りなどコーティングがないため経年劣化による剝れの心配がない

デメリット

  • 冬は生地に直接冷たさが伝わる
  • 思いから丸洗いが大変

先ほどご紹介した木製のペストリーボードが経年劣化した後に購入したものがこちらの商品です。

大理石で余計なコーティングもないため、ドレッジでガリガリやっても削れる心配がありません

そのため、わざわざ丸洗いしなくてもこちらで紹介した清掃方法を取り入れれば、そのデメリットも解消できます。

冬場の室温・生地温管理さえ気を付けることができれば、長くパン作りを楽しむには買って損はしません

 

シリコンマットおすすめ商品リスト

ホームベーカリー倶楽部|ヨシカワ シリコンマット ブラウン

ホームベーカリー倶楽部|ヨシカワ シリコンマット ブラウン 

こちらは私がパン作りを本格的に家でやり始めたときに愛用していたシリコンマットです。

筆者ご用達の通販サイトcotta(コッタ) にも同様のオリジナル商品が出品されていますが、値段の関係かAmazonでは断トツの人気を誇っていますので、忖度せずこちらをご紹介します(笑)

メリット

  • しまう場所に困らない
  • 洗い物がラクチン
  • 敷く場所が平らであればズレにくい

デメリット

  • たつきのあるパン生地の手捏ねには向かない
  • 丸め動作がやりにくい

シリコンマットの良さは折り曲げて畳んだりぐるぐる巻きにして収納に困らないというところでしょうかね。

こね台はどうしても収納に幅をとってしまいますし、立てかけるのも倒れた時が心配ですので、そういった部分が気になる方にはおすすめできます。

しかし、ベーグルの手捏ねやある程度まとまった後のべたつきの少ない生地を叩くだけであれば全く問題ないのですが、特に菓子パンのようにミキシング初期にたつきが強い生地を捏ねると、マットが生地にくっついてきて敷いているテーブルからはがれてしまいます

なので、ガッツリ手ごねしたい方にはあまり向いてません。

また、手のひらの上で一個ずつ生地を丸めるのであれば問題ないですが、プロの丸め方をやろうとするとシリコンが滑り止めのように感じられてちょっとやりづらく感じます。(これは人にもよるかもしれないのであくまで私個人の意見です。)

「ミキシングはぜーんぶホームベーカリーにお任せ!」っていう人にはとってもオススメできる商品です!

 

 まとめ

 最後に、私の使用経験に基づいた評価をまとめたので、購入の際の参考にしてください。

  安定感 劣化耐久 清掃性 温度感 作業性 総合評価
cottaペストリーボードS ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆ 17点
cottaペストリーボードL ★★★★★ ★★☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ 18点
アルコム社 まーぶるめん台 ★★★★★ ★★★★★ ★★★☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★★★ 19点
 ヨシカワシリコンマット ★☆☆☆☆ ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★★ ★★☆☆☆ 17点

みなさんの目的やキッチン環境に合わせて選んでみてくださいね。

以上、パンの成型や手ごねにオススメの道具紹介でした。

 

byなおちゃん

 

↓↓↓筆者が愛用する製菓製パンの材料・道具のネットショップです【現場でも使うことがあるほど優れたお店です】↓↓↓

 

プロも愛用!安心安全の材料と豊富な品揃えが自慢の【cotta】  

 

プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店【TOMIZ(富澤商店)】